読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラノベ寄稿

ラノベやweb小説を斜め45°から批評するブログ

web小説

【感想】Garden of Clockwork (~106話)「深淵を覗く。物語は加速度的に、深く」

ラノベ貴公「最近主人公が壊れてきて、とてもいいと思います」 VRMMO。深淵に臨む。 *ネタバレ注意

【感想】テイルズ・オブ・西野(~文化祭)「相変わらず安心して壊れてる」

ラノベ貴公「最強異能パワーで駆け上がるどころか転落してるんですがそれは」 青春の尊さに気づいたフツメン高校生「西野」が、最強異能パワーを駆使して学園カーストを駆け上ろうと試みるも、一向に登ることができそうにない現代ファンタジー。ヒロインはヤ…

【感想】Myrla ~VRMMOでやりたいほうだい~(~エピローグ)「なろう作品らしい壮大なSF感」

ラノベ貴公「タイトル通りとは恐れ入った」 デスゲームの攻略に失敗した主人公は、時間を巻き戻して攻略を一からやり直すことになった。一周分の先行知識を持って二周目に突入した彼女は、戦闘そっちのけで生産街道の裏道を最高速度で突っ走る。裏技じみた手…

【感想】誰にでもできる影から助ける魔王討伐2「勇者がマトモに見えるから不思議だ」

ラノベ貴公「頭おかしい僧侶しかいねえのかよこの世界は……」 チート級の力を持つ聖勇者と、国に選出された魔導師と剣士。レベルが低すぎて、先行き不安な一行を裏から助ける僧侶アレスは、頭を抱えていた。「なんでここを選んだし…」訪れたユーティス大墳墓…

【感想】誰にでもできる影から助ける魔王討伐_第一部「なるほどこれはビジネスだ」

ラノベ貴公「カクヨム一位のアレです」 魔王クラノスが人類に宣戦布告して十年。大国ルークスは、異界から聖勇者・藤堂直継を召喚した。そんな彼をサポートする命を受けた僧侶アレスは、集められたそのパーティメンバーを見て愕然とする。魔導王を始祖に持つ…

【感想】私、能力は平均値でって言ったよね!(1~140話)

ラノベ貴公「私、能力は平均値でって言ったよね(皮肉)」 アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。 自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18歳の日本人であったこと、幼…

【感想】私的なろう小説のおすすめ有名作品を初心者に向けに紹介(2017年3月)

ブログを書いてるラノベ貴公「諸事情」

【感想】Garden of Clockwork

今日のラノベ貴公「連投……怒涛の連投……ッ!!」 深淵に臨む話。妹から押し付けられたVRMMOをなんとなく楽しんで歩む、そんなふうなお話。閉じ込められてもそう悲観せず、観光がてら戦闘やらなんやらと嗜んでいきます。テンプレといえばテンプレなVRMMOものに…

【感想】Myrla ~VRMMOでやりたいほうだい~ 

最近のラノベ貴公「VRものが面白いのです」 デスゲームの攻略に失敗した主人公は、時間を巻き戻して攻略を一からやり直すことになった。一周分の先行知識を持って二週目に突入した彼女は、戦闘そっちのけで生産街道の裏道を最高速度で突っ走る。裏技じみた手…

【感想】田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

深夜のラノベ貴公「記事がねー、ないんだよねー。やーどうしよっかなぁ……ん?」 金髪ロリ文庫先生「更新したで」 深夜のラノベ貴公「ん゛っ゛!?」 年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。

【感想】勇者召喚が似合わない僕らのクラス_第一部

ラノベ貴公「てんぷれ乙」 ――「勇者召喚」。 とち狂ったクラスメイトがいたり、ちょっとついていけない気持ち悪さを発揮しそうな主人公体質のクラスメイトがいたりする中で、普段は目立たなかったりいじめられている生徒が、異世界で得た力によって誰よりも…

【感想】蜘蛛ですが、なにか?(web版~300話)

はじめましての方しかいませんが初めまして。ラノベ貴公と申します。ラノベレビューブログを立ち上げるに辺り、名前に"ラノベ"を冠するなど恐れ多いとは思うのですが、それはさておき。レビューさせて頂きたいと思います。 勇者と魔王が争い続ける世界。勇者…